Honda Cars 神奈川北

修復歴について

クルマを見ただけではわかりにくいのが「修復歴」。
営業スタッフと実車を照らし合わせながら、お客様の目で車両状態を正しく把握していただくことを推奨しております。

修復歴とは

修復歴の「修復」は、通常の「何かを直すこと」を意味する「修復」とは異なります。
クルマの修復歴とは、過去に交通事故やその他の災害などによって、車体の骨格にあたる9つの部位(下図参照)を損傷し、「修正」または部品の「交換」により修復したことを指します。修復歴のある車であっても走行上は支障はありません。

「修復歴」の対象となる基本骨格にあたる9つの部位

1. フレーム(サイドメンバー)

2. クロスメンバー

3. フロントインサイドパネル

4. ピラー

5. ダッシュパネル

6. ルーフパネル

7. フロアパネル

8. トランクフロアパネル

9. ラジエータコアサポート

※注意)ラジエータコアサポートは交換されており、
かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がりまたはその修理
跡があるものが修理歴となります。

骨格にあたる9つの部位は、クルマが走行するための重要な箇所で、その部位が損傷を受けるとクルマの走行性に影響を及ぼす可能性があります。この9つの部位のいずれも修復してなければ「修復歴なし」と呼ばれます。
つまり、バンパーの修復やドアの交換など、走行に影響しない部位の修理しか行っていなければ「修復歴なし」と呼ばれるのです。

修復歴の確認

Honda Cars 神奈川北では、修復歴があるお車には、プライスボード(価格表示用紙:右図参照)の「修復歴欄」に「有」と表示し、「コンディション・ノート」等にも修復箇所を適正に記載します。

※コンディション・ノート以外にカーチェックシート、メンテナンスノート、各販売会社作成の用紙などで表示される事もあります。 ※修復歴につきましてご不明な点があれば、直接スタッフへお尋ね下さい。

CONTACT